敏感肌の方へ。肌の水分不足を解消し、肌のバリア機能を向上させ、外的刺激から守るような正しいスキンケアをすれば、美肌を手に入れることは可能です。

「敏感肌」と「保湿」の関係

敏感肌の人にとって保湿が大切である訳

敏感肌の人の多くが「乾燥」にも困っているといいます。
肌が乾燥していると、肌の角質層の細胞間脂質と皮脂が不足し、肌のバリア機能が失われるため、乾燥した空気やハウスダスト・ダニといった外的刺激に過敏になってしまいます。
また、肌の一番上にある角質や、覆っている皮脂が傷つくことでも、肌の内側の水分が蒸発してしまい、肌が乾燥しやすくなるのです。

肌が乾燥すると、上述のように肌のバリア機能が失われるので、カサカサしたり粉をふいたり、また痒みをともなうことがあります。
痒みがある部分を掻いてしまうと、肌を傷つけるため、さらに乾燥やかゆみが増していきます。

そのため敏感肌の人は、肌を清潔に保ち、そのあとに保湿することが重要です。保湿とは、その文字のとおり、湿気(水分)を保ってあげること。水分を与えるだけではだめで、その水分をキープすることが大切です。

敏感肌の人が保湿することで、肌の内側が潤い傷ついた角質などをカバーし、肌の再生機能を促進し、徐々に健康な肌に戻していくことができるのです。

敏感肌に保湿ケアをする際のポイント

敏感肌の人が保湿する際に重要なことは、「水分を与える」だけではなく「与えた水分をキープする」ことが重要です。そのためにも、保湿力の高い化粧水(コンディショニングウォーター)を使うといいでしょう。

コットンに水分を含ませて肌を擦るように使う人もいますが、これはコットンの繊維が肌を傷つけてしまう可能性があるので、敏感肌の人はコットンは使わずに手のひらと指を使ってやさしくプッシュする(ハンドプレス)方法がよいでしょう。

充分に保湿したあとは、クリームなどの油分でフタをしてあげることが大切です。
そうすることで与えた水分を逃がさずに、肌の内側の潤いをキープすることができます。
なお、敏感肌の人は、化粧水(コンディショニングウォーター)やクリームなどは、合成保存料や香料・着色料などの化学合成成分が入っていないものを使うことが重要です。

保湿をして刺激を感じた場合の対処法

敏感肌の人は、少しの刺激にも過敏に反応して、赤みやかゆみ・カサカサになってしまったりすることがあります。その場合は、ご自身の使用した保湿アイテムを見直し、成分などを確認して、合成保存料や香料などの化学合成成分が入っていないかなどを確認しましょう。

刺激を感じた箇所が赤くなったりかゆくなったりした場合は、カレンデュラ・カモミールクリームを塗ってケアすることができます。このクリームは、肌の弱い敏感肌の人でも安心して使える成分のみを使用しており、肌の保湿・保護効果が高く肌細胞の活性化を促す効果が期待できます。

保湿力に定評のある「フェイシャルケアシリーズ」

マリエンの「フェイシャルケアシリーズ」なら、完全無添加自然化粧品なので、敏感肌の方も安心してお使いいただけます。
すでにお使いのお客様からも「乾燥や保湿」に関して効果があった、と言う声をたくさんいただいております。
このアイテムの力を最大限に発揮するため、まずはスターターセットからはじめてください!

【化粧品選びのポイント クレンジング(洗顔)】へ

ユーザーインタビュー「脂性肌が改善。もう他は使えません!」

マリエン薬局のフェイシャルケア スターターセット