敏感肌の方へ。肌の水分不足を解消し、肌のバリア機能を向上させ、外的刺激から守るような正しいスキンケアをすれば、美肌を手に入れることは可能です。

敏感肌のスキンケアのポイント

敏感肌の洗顔の悩み

敏感肌とは、洗顔料・化粧水などスキンケアアイテムに含まれる化学合成成分や空気、ハウスダストやダニなど外部からの刺激に対して敏感で過剰に反応してしまい、使うと乾燥してガサガサになったり、赤くブツブツになったり痒みを感じる肌のことをいいます。
まだ、敏感肌を自覚している人はいいですが、自分の肌が敏感肌だと自覚していない「隠れ敏感肌」の人も多いといいます。たとえば、季節の変わり目になると今まで使っていたスキンケアアイテムがあわなくなる、とか、肌が荒れてしまう、ということがあれば、それは敏感肌を疑ったほうがいいかもしれません。

また、季節の変わり目の時期やストレスなどで、アトピーのような肌になったり、ニキビや吹出物ができる人も敏感肌といえるでしょう。

敏感肌の人が、洗顔時に感じている悩みとしては、

  • なかなか自分にあった洗顔料をみつけられない
  • 香りのついた洗顔料を使うと肌が荒れてしまう
  • 洗顔したあとすぐに化粧水をつけないと肌がつっぱりカサカサになったり粉をふいたりする
  • 無添加」「敏感肌用」とうたってある洗顔料をつかっても、肌に赤みや痒みなどの違和感や刺激を感じる

などが挙げられます。

とくに、「無添加」「敏感肌用」として販売されている洗顔料を使っても肌に刺激を感じる人は、「じゃあ何を使えばいいの?」と思ってしまいますよね。もちろん「何を使う」ということも大切ですが、「どう洗うか」というのも、アトピーや敏感肌の人にとっては重要になってきます。

敏感肌用の洗顔ポイント

肌の清潔を保つためには、洗顔はスキンケアの基本中の基本です。
また、肌に優しい洗顔方法というのもネットや雑誌など様々なところで目にしますよね。まず以下の点を注意しましょう。

  • 水かぬるま湯(〜37℃)で洗顔する(熱いお湯で洗わない)
  • 洗顔する際は手のひらや指でゴシゴシ洗わない
  • 洗顔後、やわらかいタオルでやさしく水気をふき取る(ゴシゴシと力を入れて拭かない)
  • 朝の洗顔は、洗顔料をつかわず水かぬるま湯での洗顔にする

寒い冬の朝はできれば温かいお湯で洗顔したいところですが、温かいお湯だと肌に必要な油分まで失ってしまい、肌の水分が不足しがちな敏感肌の人はさらに乾燥がひどくなってしまうので、水かぬるま湯で洗顔しましょう。
また、洗顔の際に手のひらや指でゴシゴシと洗うのは言語道断。そのときはサッパリして気持ちがいいかもしれませんが、ゴシゴシ洗いを毎日続けていると、どんどん肌に負担がかかっていくので、なるべく優しく洗うほうが、未来の美肌のためにもいいでしょう。

さらに、洗顔後に使うタオルはできれば新しく繊維の柔らかいものでやさしくふき取るほうがいいです。何度も洗濯したタオルだと、繊維が硬くなっていてアトピーや敏感肌の人にとっては刺激が強すぎるかもしれません。
ですが、洗濯の際に柔軟剤を使っている場合は、柔軟剤の化学合成成分が敏感肌への刺激になる原因となりますので注意が必要です。

洗顔後のフェイスケア

敏感肌の人の多くが「洗顔後のつっぱりが気になる」といいます。
洗顔後、すぐに化粧水をつけないと肌がつっぱったり粉をふいたりという人が多いようです。これは、肌の内側の水分が不足しているためにおこります。もちろんその場合は、すぐに化粧水などで充分に保湿をすることが大切です。
充分に保湿ができたら、乳液やクリームなどの油分でフタをします。そうすることで肌の潤いをキープし、乾燥した空気やハウスダスト・ダニなどの外的刺激から敏感肌を守ることができるのです。

水分不足の肌に「フェイシャルケアシリーズ」

保湿力に定評のある「フェイシャルケアシリーズ」なら洗顔後のつっぱり感も解消です。化粧水は肌に浸透しやすく、クリームはのびがよいので少しずつ伸ばしてケアしましょう。
乾燥が気になる部分には重ね付けします。

【「フェイシャルケアシリーズ」でのお手入れ方法】へ

ユーザーインタビュー「脂性肌が改善。もう他は使えません!」

マリエン薬局のフェイシャルケア スターターセット